いえいえ、最近では男性にもとても人気があるんですよビックリマーク

「歯のホワイトニング」という場合、以前にも書きましたように広くは歯のクリーニングも含むのですが、ブリーチングだけを指す場合もあります。

今回は歯のホワイトニング(ブリーチング)についてお話ししましょう。

ホワイトニング(ブリーチング)には、ホームホワイトニング(ブリーチング)とオフィスホワイトニング(ブリーチング)があります。

ホームホワイトニングは歯に合ったトレー(マウスピースのようなものです)を作り、ご家庭などで自分でトレーにホワイトニング剤を塗り、口にはめて行うホワイトニング

オフィスホワイトニング歯科医院で、歯科医師や衛生士が歯にホワイトニング剤を塗り、専用のライトを使って歯を白くするホワイトニングです。

ホームはトレーを1日数時間から一晩口にはめ、2週間から4週間続けます。

オフィスは数十分から数時間で終了します。

時間をかけて気の済むまで歯を白くしたい方はホームが、短時間で歯を白くしたい方はオフィスが合ってますねニコニコ

ホワイトニングで最も心配な副作用は知覚過敏です叫び

神経のある歯がピリピリし、冷たいものなどがしみてくるのですが、どんな方でも多かれ少なかれこの症状が出てきます。

でもそれ以上無理に行わなければ数日から数週間で症状は消えますのでご安心くださいチョキ

ホワイトニングした歯は「後戻り」と言って必ず元の色に戻ってきます。

全く元の色に戻るのは通常5年以上かかるといわれますが、一度白い歯が気に入ってしまうと少し後戻りしただけでも「色が濃くなった、また白くしたい」と思うものです。

後戻りした歯はまたホワイトニングすればいいわけですが、再ホワイトニング(タッチアップといいます)は最初のホワイトニングよりも簡単に白くなりますグッド!

後戻りは、ホームの方がじっくり時間をかける分、オフィスよりも遅いといわれています。

ホームとオフィスは使用する薬剤の種類が違うため、結局オフィスを行った後、さらにじっくりホームでホワイトニングを行えば、最も白くなり、しかも長持ちすることになります。

このオフィスとホームを続けて行う方法をコンビネーションホワイトニングなどといいます音譜

目

こちらもご参照くださいドンッ

http://www.the118.com/intro/white.html

日野歯科医院