「入れ歯にするけど気付かれたくない」、「身体に負担をかける治療は避けたい」…入れ歯が必要な患者様の中には、このようなご要望を持つ方も少なくありません。

失われた歯を補う場合、見た目がもっとも自然で美しく、さらに耐久性も高いものはインプラントになります。

しかし、インプラントは金属素材の専用部品を顎骨に埋める手術が必要になりますし、また骨が少ない方の場合は骨造成を行う必要があります。また、インプラント治療は、場合によっては治療期間が長くかかることもあり、その事自体も負担に感じられる患者様もいらっしゃるかもしれません。

歯を補う方法としてブリッジという選択肢もあります。ブリッジはインプラントほどの大掛かりな手術は必要ありませんが、義歯をしっかりと支えるために、近隣の歯を削って土台づくりをする必要があります。健康な歯を削ってしまうことから、やはり患者様によっては負担になる可能性があります。

その他、従来の保険適用の入れ歯になると、金属部分が見えてしまうことから審美性に欠けます。

以上のデメリットを補うことができる入れ歯が、「ノンクラスプデンチャー」と呼ばれる入れ歯になります。

ノンクラスプデンチャーは、金属素材を一切使用しない入れ歯です。そのため、入れ歯を装着しても見た目が自然で違和感がありません。インプラントのように手術をする必要がなく、またブリッジのように健康な歯まで削ることもありません。とても柔らかい素材で作られているため、入れ歯の装着に違和感も少ないでしょう。

ただし、素材が柔らかいということはその分耐久性に難があることでもあり、ノンクラスプデンチャーの耐用年数は3年ほどというデメリットがあります。

当院では、患者様のご希望に沿った様々な入れ歯を提供することができます。
http://www.the118.com/

日野歯科医院