本年4月の保険改正により、小臼歯に保険でCAD/CAM冠が適応できることになりました。

今まで小臼歯に冠を被せる際、保険が効くのは銀歯か硬質レジンジャケットクラウン(HRJK)という合成樹脂の歯だけでした。
銀歯は金属ですから強度はありますが、小臼歯は微笑むと見える位置にあるため見た目が非常に悪く、HRJKは歯の色に近いので見た目は悪くありませんが、噛むために大切な小臼歯に使うには強度が不足していました。
ところが本年4月から新たに、CAD/CAM冠と呼ばれる白い歯が、小臼歯に限られますが保険で被せられるようになりました。
CAD/CAM冠についてのご説明は後日改めてさせていただきますが、簡単に言うと、歯の模型をスキャンしてパソコン上に歯のデータを取り込み、パソコン上で歯を設計した後、ミリングマシーンという機械を使って金属やレジン(合成樹脂)、セラミックなどのブロックから冠を削り出すものです。
ただ、残念ながら今回保険適応になったのはあくまでもレジン(合成樹脂)のCAD/CAM冠で、セラミックのCAD/CAM冠ではありません。ですから、均質なレジンブロックを削り出すため強度は従来のHRJKより強いものの銀歯にはかないませんし、色が単調になるなど欠点もあります。

ご不明な点はご遠慮なくご相談ください!

日野歯科医院