虫歯等の治療で歯に大きく穴が開いた場合は、クラウンを被せて修復しますが、クラウンを製作するときは、従来は手作業によるものがほとんどでした。そのため、作成に時間がかかることもあり、また人の手による製作であることから完成したクラウンの品質にバラツキが発生することもありました。

そのような手作業によるクラウン製作のデメリットを回避できるのが、CAD/CAM冠です。

CADとは日本語で「コンピュータ支援設計」と言い、CAMの方は「コンピュータ支援製造」と言います。歯科用CAD/CAMシステムで作成されたクラウンをCAD/CAM冠と呼んでいます。つまり、コンピュータを活用して歯を設計し、そしてコンピュータを活用して高精度なクラウンを作成することができるわけです。

作業手順としては、歯科用CAD/CAMシステムの光学カメラを使用してお口の中を撮影します。そして、撮影したデータを元にコンピュータの3D画面上でクラウン設計を行います。その後、出来上がった設計を元にリミングマシンと呼ばれる切削機械を用いて歯を製作します。

CAD/CAM冠で作成できる材質は、樹脂、金属、セラミック等からご選択できます。強度を最優先したい場合は金属のものが適しており、審美性を高めたい場合はセラミックがお勧めできます。

歯科用CAD/CAMシステムによりバラツキなく高精度に補綴物ご提供できるため、CAD/CAM冠は審美性をご希望の患者様にもメリットが大きいと言えます。

なお、費用については現時点で保険適用されるCAD/CAM冠は小臼歯に対する樹脂製(レジン)のものに限られますので、ご留意いただけましたらと思います。

短時間で美しい補綴物をご希望の方は、歯科用CAD/CAMシステムを活用する当院へご相談下さい。

日野歯科医院