マウスピース矯正

前歯の目立たない矯正はインビザラインGo

このようなお悩みありませんか?

  • 前歯のちょっとしたガタガタやすきっ歯が気になる
  • 歯列全体ではなく、前歯だけキレイにしたい
  • 前歯の矯正をしたいが矯正中のワイヤーが目立つのが嫌

こんなお悩みの方にはマウスピース矯正のインビザラインGoがおすすめです。

大人でも歯並び矯正で治るの?

大人でも歯並び矯正で治るの?

平成20年の厚生労働省が発表した調査によると、19歳以下が70%、20歳を過ぎてから治療した人の割合は30%ほどでした。その中でも50~70代が20%強を占めています。子供の頃しかできないと思われがちですが、実は幅広い年齢層が矯正治療を受けています。

当院のマウスピース矯正「インビザラインGo」の特長

目立ちにくい

透明に近い医療用プラスチック製の矯正装置を歯にかぶせるだけなので、矯正中とわかりにくいです。

取り外し可能

簡単に取り外すことができるので、食事中や歯磨き中は外して普段通り過ごすことができます。

前歯から第二小臼歯が適応

大臼歯を動かさないので、歯を動かせる範囲が限られ、噛み合わせは大きく変えられません。前歯の重なりや隙間が少し気になる場合の小矯正を希望される場合におすすめです。

治療期間が短い

前歯だけの矯正ということもあり、3~6か月ほどで終了します。しかし、期間は状態によって差がありますので、歯科医院でご相談ください。

各装置の比較

マウスピース
矯正
表側ワイヤー
矯正
裏側矯正
見た目◎目立ちにくい×目立つ◎目立ちにくい
装着感◎取り外し可能×取り外し不可×取り外し不可
通院頻度4~6週毎に通院することが多く、他の方法と比べて少ない月に一度や、数か月に一度など、治療の進み具合や歯科医院によって様々月に一度や、数か月に一度など、治療の進み具合や歯科医院によって様々
治療期間個人差があるが、平均3~6か月〇個人差があるが、平均1~3年でマウスピース矯正と変わらない。〇個人差があるが、平均1~3年でマウスピース矯正と変わらない。
歯の抜歯基本的に必要無し必要な場合あり必要な場合あり
金属アレルギー◎対応可能×金属を使用×金属を使用
費用感全体80~120万円全体80~120万円

マウスピース矯正のデメリット(注意点)

取り外し可能なのは大きなメリットですが、装着し忘れたり装着時間が短かったりすると、計画通りに治療が進まず、治療期間が延びてしまうことがあります。

治療の流れ

1症例評価

初診時にインビザラインGoが適応かどうか、専用アプリで口腔内写真を撮り、その場で判断されます。
虫歯や歯周病がある場合は先に治療してから矯正治療に移行することがあります。

2治療計画の作成

3D治療計画「クリンチェック・ソフトウェア」で分析した後、治療計画と移動後の歯列を確認します。
おおよその治療期間を確認できます。

3専用マウスピースの製作・装着

あなた専用に作られたマウスピースが製作されます。毎日マウスピースを装着していただき、1~2週間ごとに新しいマウスピースに交換しながら治療していきます。

4通院

4~6週間ごとに通院し、治療経過を確認していきます。

5治療終了

目標とする歯列に並べ終えたら、後戻りを防ぐためにリテーナー(保定装置)の使用が必要となることがあります。その場合は、専用のリテーナーを製作・装着して、治療終了です。

よくある質問

Q 市販のマウスピースで矯正できないの?
A
市販のマウスピースは歯科医師の管理がないため、虫歯・歯周病になるリスクや、嚙み合わせにずれが生じるリスクがありますので、お勧めしません。
Q マウスピース矯正で痛みはありますか?
A
痛みの感覚には個人差がありますが、従来のワイヤー矯正と比較すると、マウスピース矯正の方が不快感は少ないと言われております。
ご予約・お問合せは
お気軽に